思いきり青春してください🌸✨

加藤由紀子バレエ教室 大好きなあさこ先生と❤️
あさこ先生。娘が受験に向かえるよう、いつも熱いご指導をくださるあさこ先生💕

さて、次は娘の話です。
弟たちとは全く違い、何事もコツコツ努力型の長女も高校を無事卒業しました🌸

4歳という記憶もないうちから新体操を習い始め、6年生からは由紀子先生のもとでクラシックバレエを
現在も学ばせて頂いている娘です。

2年前からは、中村慈恵先生より声楽をご指導頂いております。そんなコツコツ型の娘は、一昨年から「宝塚音楽学校」の受験生としてチャレンジを続けていました。

宝塚の受験は、中3(15歳)から高3(18歳)の4回しか受験のチャンスがありません。
今回、娘は高校3年生で、入学試験を受けることのできる最後の一回だったのです。
大学受験も選択せず、横道にそれることも無く 真っ直ぐに走ってきました。

この2年間、食べたいものも食べず、遊びの時間も犠牲にし、JKらしい楽しみ方も、もしかしたら
出来ていなかったんじゃないかな?と思います。昨年の夏からは、隔週たった1人で神戸に通い
レッスンを積んできました。彼女の全てを賭けてきたこの2年間だったと思います。
残念ながら合格することは出来ませんでしたが、全てを賭けて これ以上は無理だ!というギリギリで
長い2年間を過ごしてきた彼女は今とても「すっきり」しているように見えます。


この2年間、何度も2人で泣きました。でも神戸に通えば通うほど、神戸の街が大好きになりました。
駅も、地下街も、道路も街並みも、全てがキラキラして見えて、オレンジ色のレンガの建物を見つけると「やっぱり宝塚だね〜」なんて会話になったり。

三宮・元町、西宮、宝塚。
どこにも愛しい思い出がいっぱいになりました。

神戸での模擬試験が繰り返し行われている頃、私はまだ放射線真っ只中で 具合もあまり良くなかったので行くのを迷いましたが、「これを逃すともう、頑張っている姿はみれないかも」と思い、最後の模擬試験だけ、たった一回だけ、見に行くことが出来ました。

テレビでよく、特集があるあんな感じです笑

いつもだったら「見にこないで!」という娘が。
「見にきてほしい。」と、言いました。

模擬試験の会場は、宝塚の夢の舞台を夢見る少女たちがずらっと勢揃い。
我が子でなくても、みんなの引き締まった、凛とした姿を見ているだけで「みんな合格させてあげたい」と思うほどです。

私の娘の番がきました。

びっくりするほど大きな声で、しっかりと。
娘の歌声は透き通って、なんとも心地の良い美しい歌唱でした。

そういえば受験も近づいた頃、以前は注目されるのが嫌いだと言っていた娘が急に「人の前で歌うのが好きになったよ」と、言っていたことを思い出しました。

綺麗な方でしょう☺️(お写真は先生に頂戴しました❤️)
娘が2年間、声楽を指導頂いている 中村慈恵先生です。ただ歌うことが好きだった娘に、楽器としての声帯の使い方 楽しさ 全て。
基礎から丁寧に教えていただいています。
娘は、よしえ先生が大好きで、これからもずっと教えていただきたいと言っています。ご縁だなぁと思っています。

宝塚受験は終わってしまいましたが、娘はこの数日でこれからのことを自分なりに考えていました。
バレエも声楽もジャズダンスも、これまで通り続けていくそうです。
日本舞踊、タップダンス、芝居。これからは、この3つも加わり朝から晩までお稽古づけになるそうです。

夢は舞台の上で歌いながら踊れる人です。
私は娘の歌をこれからもずっと聴きたいし、ダンスもバレエも見たいので、心折れず前に進む逞しさに
「何も心配ないなぁ」と思っています。
まだ、何にもなっていないけど、あなたのファンですよ❤️これからも素敵な姿を見せておくれ❤️


最後になりましたが、娘が宝塚を受験できるよう
長きにわたって導いてくださった由紀子先生。
精神的に追い込まれ、由紀子先生のお顔を見て泣き崩れたあの日もこの日も、ずっと信じて下さいました。
次のステップに進むことを決めたときも、娘は『由紀子先生のそばを離れたくない💦』とはっきり言いました。これからも様々な先生方との出会いがありますが、心の中心にはいつも由紀子先生です😌🌸
本当にありがとうございます!!!

産地に届け!ブラボー!!

自家焙煎珈琲豆屋 珈琲まつり